ニホンジカ・(イノシシ)の生息情報 提供のお願い


長野県山岳協会自然保護委員会

ニホンジカが高山に入っています。その結果高山植物などの生態系が大きな被害を受けています。南アルプルではほとんど全域の高山植生が壊滅的な被害を受け、表層の植物がなくなって土砂流出なども報告されています。八ヶ岳では稜線の高山植物が鹿に踏み荒らされ、霧ヶ峰・美ヶ原山系ではニッコウキスゲの花が食べられて咲かないなどの深刻な被害が出ています。これまでの対応は防鹿柵の設置などがされていますが、必ずしも効果的だったとはいえません。
このまま放置すると、まだ被害の報告されてない北アルプス・中央アルプス・御岳などの山域にも被害が広がることが懸念されます。捕獲・狩猟を強化するなどの緊急対策を一刻もはやく進めることが大切です。
長山協では、まだ被害の出ていない山域の山麓から稜線までのニホンジカ・(イノシシ)の目撃情報を集め、中部森林管理局とタイアップして行政に対し予防的対策を進めるよう働きかけることにしました。今やらないと被害が出てからでは間に合いません。ご協力をお願いします。


□ ホームページから"調査票"をダウンロードし、目撃情報を記入したうえ
E−mail、FAX、郵送で自然保護委員会まで送って下さい。


□ 送り先 自然保護委員会
E−mailhsugita@anc-tv.ne.jp
FAX0263-77-3760
郵送〒399-8101
安曇野市三郷明盛5121-2
杉田浩康 宛
以上