遭難対策委員会


2012年度活動報告

  1. 活動概要
    1. 日本山岳協会 遭難対策委員会 総会及び研修会に出席
       日程:平成24年6月23日(土)〜6月24日(日)
       場所:筑波学園都市「レイクサイドつくば」
    2. 長野県山岳協会 セルフレスキュー研修会の開催(指導委員会との共催)
       日程:平成24年10月1日(土)〜10月2日(日)
       場所:川上村 廻り目平キャンプ場
    3. 長野県山岳総合センター作成「安全で楽しい登山のために」
       パンフレットの監修 6千部作成 北アルプス北部地区登山相談所7か所に配布


  2. 活動内容
    1. 長野県山岳総合センター講師研修会T(夏山) 無雪期の危急時対策
       各山岳会の危急時マニュアルの検討及び岩場における搬出訓練等
       日程:平成24年8月25日(土)〜8月26日(日)
       場所:山岳総合センター人工岩場・七倉沢
    2. 長野県山岳総合センター講師研修会U(冬山) 積雪期の危急時対策
       雪崩の知識や回避の行動原則、雪崩埋没者捜索(プロ―ビング、ショベリング)、雪上における搬送技術等
       日程:平成25年1月19日(土)〜1月20日(日)
       場所:山岳総合センター横「大町公園」・黒沢尾根


  3. 総括
    1. 遭難対策委員会として全体会議を開催出来なかったのは残念でしたが、指導委員会・長野県山岳総合センターとの共催事業には多数の参加者が集まり、危急時対策技術の検証や意見交換は十分行われたと思います。
    2. 日本山岳協会「平成24年度山岳レスキュー講習会(東部地区1)」が8月31日(金)〜9月2日(日)に長野県山岳総合センターで行われましたが、協会員への広報・周知の徹底を図る事が出来ず、長山協から参加者のいない現状でした。長山協の行う遭難対策技術訓練とは違う技術習得の良い機会でした。
      来年度の日山協遭難対策委員会研修の開催も長野県山岳総合センターに招致して、より良い遭難対策技術の確立を研修していきます。