2012年度 長野県山岳協会 第2回理事会議事録


日時2012年4月17日(火) 19:30〜22:10
会場東京都市大学塩尻高校
出席宮本・田中・古畠・西澤・西田・杉田・大西・中島俊・河竹・佐野・林卓・菅田・朝岡・竹内・村田・傘木・浮須・佐伯・酒井・木売
委任森山・稲田・村上・小林・中嶋岳・林英
オブザーバー笹生・高橋

  1. 開会の辞   田中副会長
    よろしくお願いします。
  2. 会長挨拶   宮本会長
    • 山岳スキー大会、お疲れ様でした。
    • 山岳総合センターが発足した。20日には山岳図書資料館の落成式が行なわれる。
    • 長山協の組織強化をしたい。足下を固め、具体的にはジュニア層、中高年へのアピール。
  3. 議事
    1. 新体制発足にあたっての会長施政方針、2012年度活動方針をめぐって意見交換
      • 自己紹介と抱負などを交流。
      • 長山協内の交流をしながら、お互いの理解を深めたい。
      • 自分の所属会の足固めをして、長山協の組織固めに協力していきたい。
      • 高校生の山岳部員が増加している。
      • 指導委員会の常任委員会開催時に遭対とジュニア合同の委員会を開く事に決定。
      • ジュニア層(高校生も含む)へのアピール、支援をしていきたい。
    2. 支部、委員会活動について(体制構築)
      • 東北信支部…5/10に
      • 中信支部…4/25に
      • 諏訪支部…4/19に
      • 伊那支部…4/24 に幹事会を開き、新体制をスタートさせる。
      • 指導委員会…5/19,20に針ノ木での雪上交流会、5/26,27に検定会。それぞれ各会にはすでに通知を送付済みだが、積極的に行事への参加を。
      • ジュニア、遭対委員会…7/9に指導委員会と合同委員会。
      • 国体委員会…県大会は6/24に。小谷村で折衝中。
      • Sクライミング委員会…4/14,15に県チームの合宿を行った。
      • 中高年…団体数は一減一増。他会との交流をしていきたい。
    3. 今後の予定
      • 支部名簿…支部長→事務局長→各部、委員会 という流れで、体制を確立。
    4. 第53回定期総会総括
      • 田村氏の「東北を支援しよう」この言葉を大事に。
    5. 山岳スキー大会総括
      • 笹生氏より ありがとうございました。ピッケル一本忘れ物あり。
      • 西田担当より別紙総括…各スタッフの意思疎通、ポールに位置の印をつける。足切り時間の設定。日山協八木原氏より本の贈呈。慣れによりやや曖昧になった部分があった。無線連絡を一工夫するとよい。など。次回に活かしたい。
    6. ライチョウ観察会について
      • 今後に活かすべく事故の総括について、高橋前遭難対策委員長が中心にまとめる。
      • 次回の理事会を目処にまとめたい。
    7. 夏山登山教室について
      • 周知のため、マスコミへのアピールをしていきたい。次回理事会の際に具体的なものを提案検討したい。
    8. 国際部関連諸事業について
      • ネパール植林トレッキング、友好協定調印式…2005年から協定を結んでいるが、双方会長もかわったこともあり、昨年11月の記念祝賀会の折ネパール側より提起された。今月末より来月にかけて行なわれる植林トレッキングに併せて調印式を行なう。長山協の代表は古畠副会長があたる。
      • チベット来長…11月から延期になっていたチベット代表団が来月来長。5月15日のレセプションに、理事、関係者は是非参加を。
      • ムスターグアタスキー登山…6月に実施。隊員は3名。(うち1名は中国側の意向で長山協会長)
      • 海外登山検討会…ムスターグアタスキー登山、GDMのデナリ遠征について4/23に検討会を開催。
    9. 山の文化講演会について
      • 11月17、18日に山岳総合センターで行う。会長、理事長、事業部中心に進めていく。
    10. 子どもクライミング大会について
      • 6/17日に行う。NBSによる放送あり。佐久の浅井氏中心に進めている。 長山協が主催するので、PR等をお願いしたい。
    11. 確認事項その他
      • やまなみ担当より次号の内容検討。
      • 事業報告、理事会内規、旅費等の確認。
    12. その他
      • 感謝状を贈る個人、団体への記念品を検討中。
  4. 閉会の辞   杉田副会長
    お疲れ様でした。これから1年間よろしくお願いします。